燃虎商品はこちらより。クリックをどうぞ!

※本サイトはプロモーションが含まれています。

【地方創生×SNS】地方創生にはInstagramを使うべき理由

現在、大きな問題となっている地方創生ですが、そのやり方はここ十数年で大きく変わってきています。
元々は紙媒体や地方のホームページによってその情報を共有するというのが主流でしたが、近年はSNSを使って地方創生を行う自治体や企業が増えてきています。

そんな地方創生を目指す人にぜひ利用してほしいSNSがInstagramです。
Instagramは若者も多く使っているSNSツールなので、若い人にもその地域に興味を持ってもらえる可能性を高めることができるでしょう。

そこで今回は、Instagramで地方創生を目指すメリットについて詳しく見ていきます。

 

Instagramで地方創生を目指すべき理由

では、どうしてInstagramで地方創生を目指すといいのでしょうか?

写真や動画で印象を強められる

現在はさまざまなSNSが利用されていますが、その中でもInstagramは画像や動画を見るのに適した仕様となっています。
文章だけで魅力を伝えることは難しいですが、写真や動画を用いればその地域の魅力をより簡単に伝えることができますし、印象に残すことも簡単です。

動画も写真も手軽にアップすることができますし、簡単におしゃれな加工をすることもできるので、Instagramを利用すればより魅力を高めて発信することが可能といえるでしょう。

 

 

若者からの興味を得やすい

Instagramを利用しているユーザーの中では「インスタ映え」という言葉が流行しており、おしゃれなものや風情のあるものを評価する風習があります。
このような場所や商品がInstagramで話題になれば、より多くの方が訪れてくれる可能性もありますし、そこに行った方が「インスタ映え」するスポットで写真を撮って自由に宣伝してくれます。

このように多くの情報を手軽に伝えることができるため、Instagramを利用することがおすすめだと言えるでしょう。

 

 

コストが低い

Instagramの利用は無料となっています。
紙媒体で発信する場合には一定の費用がかかりますし、ホームページ等で情報を記載する場合でも毎月定額の料金を支払わなければいけません。

しかし、Instagramの場合は費用を抑えながら運用することができるので、財政難の自治体でも手軽に始めることができる点は大きなメリットといえるでしょう。

また、Instagramで広告を出す場合でも他の方法に比べると、かなり費用を抑えることができます。
低コストで需要がある方に的確にアプローチすることができるため、より早く効果を感じることができるSNSだと言えます。

 

旬の情報を発信できる

紙媒体で発信する場合、事前に原稿を用意しておかなければいけないので、最新の情報を伝えることはできません。
しかし、Instagramはいつでもリアルタイムで情報を発信することができるツールとなっているため、旬の情報をすぐに伝えることができる点が大きな魅力となっています。

季節ごとの景色は観光客を集めるのに重要なファクターです。
そのため、Instagramにその時の写真を上げることによって、地方に住んでいる方でも手軽に魅力を感じることができますし、足を運びたいという気持ちを高めることが可能になるでしょう。

 

インフルエンサーの影響力が使える

Instagramには、インフルエンサーと呼ばれる多くのフォロワーを抱えている方が多くいます。
このような方はファンに近い存在となっているため、製品の魅力を伝える上で効果的だと言われています。

地方創生にインフルエンサーを起用すれば、興味を持っているユーザーにより強くアプローチすることができますし、芸能人等にCMを頼むよりも圧倒的にコストが安くなっています。
そのため、今後は地方創生を行うためにはインフルエンサーの影響が必要不可欠になってくると言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?地方創生を行う方法はひと昔前と大きく変わってきており、すでにSNSを活用している自治体も多くあります。
SNSを使うことによって、効果的に若者にアプローチをすることもできますし、その地域の魅力をリアルタイムで鮮烈に伝えることができるため、Instagramはぜひ利用したいツールでしょう。

ふるさとめぐり市
素敵な商品がいっぱいあります。

作り手の思いと真心が詰まった地域特産品
ABOUT US
よしお です。地方創生に興味があり、色々な情報を発信させていただいてます。現在は自営業をしながら細々と農業もやっております。地方が元気になればきっと日本はもっと元気になります。一緒に地方を元気に盛り上げていきましょう!地方創生はみんなが主役です。個人個人が、得意のある分野でのインフルエンサーになれば、きっとうまくいきます。これからは、競争ではなく共創の時代です!
error: Content is protected !!