燃虎商品はこちらより。クリックをどうぞ!

※本サイトはプロモーションが含まれています。

地方創生ってどういう意味?地方を盛り上げるためには何が必要?

現在の日本では、多くの地方都市が衰退しています。
人口減少により、多数の地域が財政難となっており、この問題を解決しなければ日本全体が衰退していってしまうため、早急に対処することが必要だと言われています。

では、地方創生を行うためにはどのようなことが必要なのでしょうか?
そこで今回は、地方創生について分からない方向けに「地方創生」をするために必要なことについてご紹介していきます。

地方創生とは?

地方創生とは、地方の人口減少に歯止めをかけて地方を活性化することを指しています。

この言葉が登場したのは2014年です。
第二次安倍内閣が地方衰退の問題を解決するために「まち・ひと・しごと創生法」を施行し、各地方が現在の問題を解決するために行動することが求められています。

地方創生をするための4つのポイント

では、地方創生を実現するためにはどのような行動が必要となるのでしょうか?
「まち・ひと・しごと創生法」で定められている4つの基本目標から見ていきましょう。

地方に仕事を作る

現在の日本では、若者が東京圏に多く転入していることが問題として挙げられています。
実際に2018年には大学進学や就職等による東京圏への転入が136000人を超えていることが発表されています。

多くの若者が東京に集中するということは、地方に住む人が減っているという現状があることを指します。
このような一極集中は、海外の先進国と比べても圧倒的な数値で、早く解決することが求められている問題です。

このように日本で東京圏に人口が集中している原因としては、地方で仕事が減っていることが挙げられます。
そのため、地方で若者が働ける環境を用意することができれば、地方に残る若者や移住を考える方が増えるため、地方活性化につながると考えられているのです。

若い世代の結婚・出産・子育てを支援する

地方の人口減少の原因の1つに、少子高齢化があります。
近年は結婚をする年齢も遅くなってきていますし、結婚後も出産をするのが当然という時代ではなく、より自由な選択をすることが可能となってきています。

その上、現在の若い世代は出産や子育てに対して経済的不安を抱えていることが多くあり、そのことによって結婚や妊娠を懸念している方も多数いるようです。
そのため、若い世代が子どもを産んで育てられる環境を整えることによって、その地域の魅力を高めることができ、移住率が上がると考えられています。

このことから、地域によっては結婚や出産の際にお祝い金を出したり、保育料を他の地域よりも安くする措置を実施しているところもあります。
また、国全体では第一子出産直後の女性の継続就職率を55%に向上することも目標として掲げており、その長時間労働や産休・育休など、企業の意識改革を早急に行うことが必要と言われています。

地方財政の安定

高齢化社会によって人口が減少すると、地方の財政が大きく減ってしまいます。
そのことにより、自治体が財政破綻してしまう可能性も十分にあると言われています。

地方の財政が厳しくなってしまうと、公共施設や教育施設のサービスを維持できなくなったり、新たに地方創生のために何か活動を始めることも難しくなってしまいます。
その上、財政破綻によって地方が抱えた借金を支払うのは住民となるので、住民の住みやすさも低下してしまうのです。

このような問題を抱える前にその地域に住む人口を増やし、地方の財政を安定させることが重要となります。

まとめ

いかがでしたか?地方創生を行うためには、多くの若者がその地域に住みたいと思う環境を作ることが必要となります。
しかし、そのためにはその地方ならではの魅力や働ける環境を整えることが重要です。

すぐに今の地方衰退の問題を解決することはできませんが、何もしなければ衰退の一途をたどるだけなので、早めに動きだして問題解決を図ることが必要でしょう。
地方創生は自治体だけで行うことはできないので、住民が働きかけることが大切です。

ふるさとめぐり市
素敵な商品がいっぱいあります。

作り手の思いと真心が詰まった地域特産品
ABOUT US
よしお です。地方創生に興味があり、色々な情報を発信させていただいてます。現在は自営業をしながら細々と農業もやっております。地方が元気になればきっと日本はもっと元気になります。一緒に地方を元気に盛り上げていきましょう!地方創生はみんなが主役です。個人個人が、得意のある分野でのインフルエンサーになれば、きっとうまくいきます。これからは、競争ではなく共創の時代です!
error: Content is protected !!